誤差を抑えて「鉄」の質を高める。
誤差を抑えて「鉄」の質を高める。

福山工場でオイルポンプカバーと呼ばれるCVTミッション車の部品加工を担当しています。
旋盤やマシニングセンター、専用機械を使って、加工から外観検査までのすべての工程を管理しています。
機械に取り付けて起動すれば自動で加工を行いますが、ただ加工すれば良いのではありません。
カットした時の部品の寸法の誤差をコンマ5mm以内に収めなくてはならないなど、
各工程では、寸法管理を徹底しなければお客さまに満足いただける質の高い製品はできません。

生産ラインの立ち上げを体験。

メキシコ工場への支援にも何度か携わっています。そこでは新規加工ラインの立ち上げを管理。
搬入された機械に工具を取り付け、設定し、試加工から寸法出しまで行います。
加工のサイクルタイムを縮めたり、プログラムの修正を行ったり、作業者が利用しやすいようラインの改良も実施。
最初は分からないことが多く、失敗もありましたが、自分一人の力でラインを完成させた時の喜びは格別でした。
自分の成長を実感できるのがうれしいですね。

就活中の学生へメッセージ
夢や目標があれば、結果はついてくる。

海外でも活躍できる社会人になりたいという気持ちが学生の頃から強く、北川鉄工所を選びました。
就活は自分自身を見つめ直す良い機会です。悩んだりや周囲の人と比べ焦ったりすることもあると思いますが、
粘り強く頑張って。自信を持って就活に臨んでください。「この仕事をやりたい」「将来はこんなことに
挑戦したい」という目標を持っていれば、結果は必ずついてくると思います。

OTHER MEMBERS
OTHER CONTENTS