元素をブレンドし「鉄」をつくる。
元素をブレンドし「鉄」をつくる。

私の仕事は鋳物の材質設計です。鋳物は使用目的によって求められる機能もさまざま。
強度の高い鋳物が必要なのか、耐熱性の高いものが求められているのか。
それぞれの製品仕様に合わせて、材料の選定や製造条件を決めていきます。
鋳物をつくる上で重要なのは、溶かした鉄にケイ素や炭素など、元素を鉄にどのくらい配合するかを決めること。
溶かした鉄にこれらの元素をどうブレンドするかで、鋳物の性質は決まってくるのです。

新しい材質の開発に成功。

入社3年目で、新規の材質開発に携わる機会がありました。最初の頃は、製品仕様を満足させることが難しく、
試行錯誤を繰り返しました。鉄にどんな種類の元素をどのくらい混ぜればいいのか。
上司や周囲の先輩の助言から、開発のヒントをつかみ、ご要望にお応えできる材質を生み出すことに成功。
その材質をお客さまへプレゼンし、採用されました。現在、その製品は街中を走る自動車に搭載されています。
この経験が、仕事のやりがいを感じるきっかけとなり、私の自信にもなりました。

就活中の学生へメッセージ
内定はゴールではなく、スタートだ。

就職活動では、今まで学んできた分野や専攻、なりたい職業で業種を絞りがちですが、
それらにこだわらず、いろいろな業種に視野を広げ多くの会社を見ることが大事です。
さまざまな会社に足を運び、雰囲気や仕事内容を知ることから始めるのも、一つの手段だと思います。
好奇心を持って新しいものに触れれば、今までなかった気づきが生まれることもありますし、
その経験はきっと財産になります。内定はゴールではなく社会人のスタートです。
焦らずじっくり、自分に合った会社選びをしてください。

OTHER MEMBERS
OTHER CONTENTS