調整力を発揮して、「鉄」を世界へ。
調整力を発揮して、「鉄」を世界へ。

工機事業部が開発する製品はその半分以上を輸出するだけに、海外への販売を担う営業部門の役割は重要です。
海外営業部門では私を含む8人の女性が地域別に輸出業務を担当。私が任されているのは中国、台湾、韓国です。
お客さまからの受注をはじめ、生産手配、輸出梱包、輸出書類の作成など、仕事はさまざま。
安全保障貿易管理規定や国によって違う法規にも配慮する必要もあるなど、業務の内容は多岐に渡ります。
何かと細やかな気配りが必要なこの仕事は、女性に向いているのかもしれませんね。

お客さまの要望に応えるために。

大変なのは、お客さまとのやり取りです。「2〜3日後には出荷してほしい」と急なオーダーがあると、
必要な製品の仕様を調べ、工場に問い合わせ、在庫を確認します。製品が足りない場合は
出荷前の製品を調整してもらうなどして、苦労してやっと出荷が間に合った時はうれしいですね。
要望をクリアし、お客さまから感謝の言葉をいただくと、この仕事をやっていて良かったと感じます。

就活中の学生へメッセージ
試練をチャンスと考えれば、道は開ける。

いまできることを一生懸命やってほしい。そうした体験は自分に自信を与え、どんな職種に就いたとしても、
自分を支える力になるはずだから。さまざまなことを経験して、社会人の一歩を踏み出してほしいですね。
「できない」とか、「ダメだ」とか思ってしまうと、そこから前進できなくなります。
許容範囲を超えた状態に陥りそうなとき、私は心の中で「できる」「大丈夫」と繰り返し、自分に言い聞かせます。
試練をチャンスだと前向きにとらえ、悩み、考えていると、自ずと道が開けてきたりするものです。

一歩先を見据えて改善を重ねる。

社員が先輩や後輩の別なく自由に意見を言える社風。それも北川鉄工所の魅力ではないでしょうか。
この間は、各事業部から希望者が集まって業務について話し合う「オフサイト・ミーティング」に参加。
品質向上をテーマに、業務の改善方法についてディスカッションしました。
現状に満足せず、いつも一歩先を見据えて改善に取り組む。私たちの仕事にはそんな姿勢が大切だと思います。

OTHER MEMBERS
OTHER CONTENTS