キタガワの未来を支える新しい「鉄」をつくる。
キタガワの未来を支える新しい「鉄」をつくる。

特殊工作機械の設計に携わっています。主に、木材やプラスチック等の軽切削ができるライトマシニングセンターや、
水の力で材料を切断するウォータージェットの装置の設計に取り組む部署です。
まず、営業とお客様の三者で打ち合わせを行い、お客様の要望を取り入れた設計をもとに組み立てます。
完成した製品は組立担当者と共にテストを行います。
テストでは、うまく稼動せず問題が発生することもしばしば。壁にぶつかることも何度かありました。
ですが「絶対に成功させてやる!」と熱意をもち、社員同士でアイデアを出しあって完成させていきます。

結果は必ずついてくる。

以前は開発本部に所属しており、私が携わった仕事は「炭素繊維強化プラスチック」を加工する装置開発でした。
何度も実験を重ねて技術開発を行い、ようやく完成にこぎつけました。
5年後、ついに初号機がお客さまの元へ届けられ「いい製品だ」という言葉をいただいた時は、
それまでの苦労が吹っ飛ぶくらい嬉しく、大きなやりがいや開発の魅力を実感しましたね。

就活中の学生へメッセージ
向上心は どこでも大切。

就職活動で気になった企業については、会社説明会とインターネットを利用して情報を集めていました。
そして面接を受けるために事前の準備をし、終わると入念に反省していました。
これを繰り返すことで、より自分を相手へ伝えるスキルが向上するのを実感しました。
このサイクルは社会人になっても大事な習慣だと心得て、練習だと思って実践してみることをお勧めします。

興味を感じたら、チャレンジしよう。

大学時代は工業化学を専攻した私にとって、北川鉄工所は畑違いのメーカーです。
専攻に縛られず、興味を感じたら、どんな分野の企業にでもチャレンジすることをお勧めします。
専門知識は入社後に勉強すれば大丈夫。
就職活動は自分を見つめ直して、将来についてじっくり考えることができる貴重な機会です。
将来について悩んでいるみなさんも「まずは動いてみる」。そのように活動すれば、良い出会いがあるはずです。

OTHER MEMBERS
OTHER CONTENTS