キタガワの未来を支える新しい「鉄」をつくる。
キタガワの未来を支える新しい「鉄」をつくる。

開発本部は各事業部から集められた20人が新商品の開発に取り組む部署。工機、産業機械などのジャンルを問わず、
将来は事業の柱になるような、新しい商品を形にしようと日々奮闘しています。
開発に当たっては、実験がうまくいかない時やアイデアが出ない時があり、壁にぶつかることもしばしば。
しかし「絶対に成功させてやる!」という熱意を持ってトライし、良い実験結果やアイデアが出た時は、
それまでの苦労が吹き飛ぶくらい嬉しく、大きなやりがいや魅力を感じますね。

技術の力で、世の中の役に立ちたい。

私がいま取り組んでいるのは、放射土壌の減容装置の開発。これは福島第一原子力発電所の事故で
放射能を帯びた土壌を効率的に除染できる装置で、2年間かけて完成にこぎつけました。
経験や年齢を問わず、やる気さえあれば、大きな仕事を任せてもらえるのがこの会社の良さ。
今後も世の中のためになるような新しい製品の開発に関わっていきたいです。

就活中の学生へメッセージ
ここでなら、自分の力を試せる。

私の場合、学生時代から漠然と「メーカーのエンジニアになりたい」という夢を持っていましたが、具体的に
何をしたいか、決まらないまま就職活動をスタートしました。そのため、機械、化学、電気、食品と
業種を問わず、少しでも気になった企業は会社説明会やインターネットを利用して情報を収集。
その中で北川鉄工所を選んだのは、会社訪問をした際に雰囲気が良かったから。
伸び伸び働けるアットホームな環境なら、自分の力を試せると思ったのです。

興味を感じたら、チャレンジしよう。

大学時代、工業化学を専攻した私にとって、北川鉄工所は畑違いの機材メーカーです。
専攻に縛られず、興味を感じたら、どんな分野にでもチャレンジした方がいい。専門知識は入社後に勉強すれば良い。
就職活動は自分を見つめ直して、将来についてじっくり考えることができる貴重な機会です。
将来について悩んでいる皆さんも視野を広く持って活動すれば、きっと良い出会いがあるはず。

OTHER MEMBERS
OTHER CONTENTS