「タイで5年間、「鉄」を売り続ける。
タイで5年間、「鉄」を売り続ける。

2009年から5年間、タイの生産拠点へ出向。過去何度か旅行で海外に行ったことはありましたが、
まさか海外で仕事をするとは想定外でした。文化や言語、食事が違い、赴任当時は不安でいっぱいでした。
しかし1年、2年と業務を積み重ね、タイ人スタッフと徐々に距離感が縮まり始めると、
議論を重ねながらも、仕事が前に進むようになりました。3年目以降は中国や中米への輸出も開始。
タイ人のスタッフと苦労しながら、さまざまな交渉を行いました。

キタガワのグローバル戦略を支える。

こうした経験を生かし、現在はタイやメキシコの生産拠点の営業支援を担当。
これらの国に工場を持つ顧客の自動車メーカーから、いまどんな部品を求めているのか、
情報を聞き出し、海外拠点に伝えたり、あるいは実際に部品製造を受注したり。
さまざまな活動を通じて、北川鉄工所のグローバル戦略を支えています。

就活中の学生へメッセージ
知名度は低いが、スケールは大きい。

「北川鉄工所ってどんな会社?」と思われている方は多いのではないでしょうか。
私自身、地元の出身ではないので、皆さんと同じように感じながら就職活動をしていました。
ここで生産される製品は、普段の生活で目にするものはほとんどないだけに、知名度が高いとはいえません。
ですが、北川鉄工所は日本各地に拠点を持ち、海外にも事業展開を進めているスケールの大きな会社です。
国内でバリバリ働きたい人も、海外で自分を試してみたい人もチャンスは広がっています。
皆さんとの出会いをとても楽しみにしています。

OTHER MEMBERS
OTHER CONTENTS