100年の歴史をもついわゆる老舗メーカー。
100年の歴史をもついわゆる老舗メーカー。

1918年、広島の小さな町で木製滑車をつくり始めたのが世界のKITGAWAの始まりでした。その6年後には滑車に使用するベアリングの製造に着手し、鋳物加工の分野へ事業を拡大。1941年に株式会社北川鉄工所として新しいスタートを切りました。以来、70有余年。いまでは金属素形材事業、工作機器事業、産業機械事業を柱に、多彩な製品や技術を開発。日本国内はもとより、世界各国へ活躍の場を広げています。

キタガワが誇る鉄のプロ事業×3分野
キタガワが誇る鉄のプロ事業×3分野

北川鉄工所を支える3分野の事業はそれぞれどんな特長があり、どんな活動を展開しているのか。各事業の魅力や今後の展開などをそれぞれ1分間の動画でまとめてみました。興味のある分野から、じっくりご覧ください。

金属素形材事業では金属素材開発に取り組み、さまざまな鋳造技術を駆使し、自動車部品をはじめ、農業機械部品や建築機械部品などの製品をつくり、提供。世界中で生産される車のおよそ10台に1台はキタガワで製造された部品を搭載しています。またここ数年は海外生産にも力を入れ、タイやメキシコにも生産拠点を設けています。

工作機器事業ではおもに、金属や木材などの素材を加工するための旋盤やマシニングセンタといった工作機械の周辺機器である「旋盤用パワーチャック」や「回転シリンダ」「NC円テーブル」「パワーバイス」などを製造販売。パワーチャックの分野では国内シェア60%と業界屈指の実績を打ち立てています。

コンクリートプラント関連製品から、建設用タワークレーン、ウォーターカッターなどの特殊工作機、さらに立体駐車場まで。産業機械事業では多種多様な製品を開発製造し続け、各方面から高い評価を得ています。

鉄の開拓者のスピリットを感じただろうか。
鉄の開拓者のスピリットを感じただろうか。

いかがでしたか。1分間動画を通じて、北川鉄工所の3事業(金属素形材事業、工作機器事業、産業機械事業)の特長や魅力があなたにしっかりと伝わったでしょうか。これらの事業を展開するうえで、北川鉄工所は三つの事業目標を掲げています。一つは、参入したすべての市場でトップになる「No.1企業」。二つめは事業を世界中で展開する「グローバル企業」。そして三つめが独自技術を基盤とした「ものづくり企業」。この三つを実現しながら、更なる飛躍へ向けての挑戦を続けています。

OTHER CONTENTS